<< 佐渡島弾丸遠征 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.03.25 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

1/14-15 房総半島遠征

 

こんにちは。やどけんのクモ屋です。ブログを2か月も放置してしまっていたので、そろそろ動かします。

 

今回は、1月14−15日に実施された房総半島遠征について紹介したいと思います。

毎年恒例の房総半島遠征は、千葉県館山市にある筑波大学館山研修センターを利用して実施されます。この時期の房総は天候に恵まれず、成果も芳しくないことが多いようですが、サークルの代替わり後初の計画的遠征として、重要な位置づけにあります。

 

さて、私は訳あって昨年の遠征に参加していないため、今回が初房総となりました。海辺の環境を楽しめるということで、海岸性のアイツなどが見られるのではと期待しながら現地へ。

初日はあいにくの悪天候でしたが、昼間のうちはかろうじて活動することができました。海岸の岩場を散策していると、さっそくお目当てのクモを発見。

 

イソタナグモ Paratheuma shirahamaensis

<♀成体全形図>

 

<♀成体背面・腹面図および外雌器図>

 

本種は海岸の岩場に生息するクモで、岩の隙間などに管状の住居をつくり、そこから棚網を展開します。クモ自身は身の危険を感じると岩の隙間に隠れてしまうため、採集は容易ではありません。この個体は浅いくぼみに管状住居を作っていたため、偶然にも採集が可能だったのです。(山地の岩場に巣をつくるナミハグモの仲間でも、深い岩の隙間を逃げ道としている個体が多い中、浅い窪みに巣を作ってしまう「間抜け」な個体が希にみられ、そちらを狙うのが良い。ナミハグモの場合石の下に潜んでいる個体も採集しやすい)
それにしても、格好良い…!赤褐色の頭と大きな上顎がイカしますね。この頑丈そうな顎で何を食べているのか気になるところです。

海岸性のクモにはロマンがあります。その形態もさることながら、海辺の環境に適応した造巣・採餌習性は一度観察してみたいものです。本種以外にも、似たような環境に生息する移入種のシマイソタナグモや、満潮時に水没するような環境に生息するアワセイソタナグモ、ヤマトウシオグモなどが知られており、筆者はいずれも未見です。

 

イソタナグモを撮影した時点でこの遠征に満足してしまったのか、これ以降どこに行って何を見たのかよく覚えていません。一日目は、海岸にてイソタナの他にもシマミヤグモやナシジカレハグモを採集したような…。二日目は山に行ったような気がしますが、ひたすら急斜面を登っていた記憶しかありません…。

 

何はともあれ、一泊二日の房総半島遠征はトラブルもなく無事終了しました。時期さえ選べば房総の自然はもっと楽しめるはずなので、来年度以降の方々はよく考えてくださいね。以上、参考にならない遠征記でスミマセン。



スポンサーサイト


  • 2017.03.25 Saturday
  • -
  • 22:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座