<< 時には昔の話を | main | 筑波山裏野営場から女体山頂 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.03.25 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

宍塚大池その他で見かけた植物

6月23日土曜日、シダ植物を見分ける練習と、水草の現況をみることを目的に宍塚大池に。本当は朝5時に出発するはずでしたが、前日の深夜巨大なゴキブリを発見し、箒を手に格闘した結果、中々寝付けず結局朝6時半にまで遅れるはめになりました。朝方まで雨が降っていたらしく、宍塚大池の雑木林内はひんやりとしていて快適でした。
トウゲシバ
シダ植物のトウゲシバ(ヒカゲノカズラ科)です。北海道から沖縄、東アジア、東南アジア、ハワイなどに分布します。ヒカゲノカズラの仲間は石炭紀、つまり約3億年前に進化した、相当古い分類群です。ちなみに最古の被子植物の化石は白亜紀初期から発見されています。


同じくシダ植物のノキシノブ(ウラボシ科)です。国内の北海道南端以南、朝鮮半島南部、中国、インドシナ、台湾からフィリピンにかけて分布します。名前の由来は昔藁葺きの民家の軒によく見られたためだそうです。今となってはピンと来ませんね。シダ植物は原始的というイメージがありますが、ウラボシ科は着生生活に適応した植物が多く、かなり特殊化した分類群です。多くの種が熱帯に分布します。

コムラサキ
転じて、被子植物のコムラサキ(クマツヅラ科)です。秋にきれいな濃紫色の実をつけることで有名ですが、花も中々いけてます。かなり似たムラサキシキブという、人名のような植物も普通に生えてるので間違いやすいです。




スポンサーサイト


  • 2017.03.25 Saturday
  • -
  • 14:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
まだ文サにあります。
  • シミヅ
  • 2007/07/01 5:26 PM
今カナダにいますが、つくばのアパートがネズミに占領されていないか心配です。見たければ文サの冷凍庫みてごらん。シミヅ氏が持っていっていなければまだあるだろう。
  • 大山鳥
  • 2007/07/01 12:15 PM
極小ねずみって何ですか?? 私はまだ人家に自生するネズミを見たことがありません。

いや、ゴキブリはどう見てもゴキブリです。カサカサと動く音を聞くと、現実に鳥肌が立ち、震えます。どうもゴキブリを目撃してから退治するまでの行動は大脳を介さないで遂行されているような気がします。
 
  • 田中
  • 2007/06/28 10:31 PM
ゴキブリをオオクワだと思えばいいんじゃないの?
  • シミヅ
  • 2007/06/28 9:24 PM
巨大ゴキブリより極小ネズミのほうが始末が大変だ。
  • 大山鳥
  • 2007/06/24 10:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
サボテン
サボテンについてのブログです。
  • サボテン
  • 2007/06/23 4:04 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座